HOME   製品情報    模擬送電線装置

製品情報模擬送電線装置


製品の問い合わせ  カタログ請求について

事故・トラブル未然防止のための送電線模擬シュミレーション装置

概要

本装置は、電力系(送電線・変電所・発電所)の制御、保護模擬シュミレーションを行う装置であり複雑な過度現象を伴う事故(故障)を対象とした継電装置の試験に、実際の事故(故障)とほぼ同じ条件で試験の出来る装置です。

特徴

  • 送電線保護、構内保護、変圧器保護等の応動試験
  • PCMキャリアリレー、距離継電装置、デジタル回線選択試験
  • 多点地絡トラブル時オシロによる解明
  • 送電線運転操作

※本装置は、受注生産方式によるオーダーメイド製品です。

模擬送電線装置製作仕様例

1. 概 要
本装置は、送電線の線路を模擬し、そのインピーダンスを可変させて 1線地絡、2線地絡、
2線短絡、3線短絡を発生させ、保護継電器盤の動作確認試験を行う模擬送電線装置です。

2. 仕 様

主電源 相線式 三相3線式
電  圧 220V
容  量 110kVA
周波数 50/60 Hz
制御電源 交流電源 単相AC100V
直流電源 DC110V
故障電流(最大) 100A

3. 機 能

  • 線路リアクトル(キャパシタンス)を含んだ送電線回路の短絡発生(2線短絡、3線短絡)
  • 短絡リアクトル(キャパシタンス)を含んだ送電線回路の地絡発生(2線地絡、3線地絡)
  • 中性点接地方式は、抵抗接地、リアクトル接地の切替式です。

※ 改良等の為、予告なく仕様の変更をする事がありますので予めご了承願います。

上部へ戻る